コンディショナーとトリートメント、効果的な使い方とは?

コンディショナーは痛んだ髪の内部にまで栄養を浸透させる効果があり、
トリートメントは髪の外側をコーティングする効果があります。
この2つを効果的に使い、より髪に良い洗い方はあるのでしょうか?

まず、使う順番ですが、シャンプーのあとにトリートメントを使い、
髪の内部に栄養を浸透させ、その後、コンディショナーで
髪を外側からコーティングさせます。

このときに、
「トリートメントやコンディショナーは、たくさんつけた方が効果があるのではないか?」
と髪全体にたくさんつけてしまいがちですが、これは逆効果になる場合があります。
というのは、シャンプーでせっかく頭皮の汚れや油をキレイに取り除いたのに、
コンディショナーとトリートメントに含まれる油分を、また頭皮にたっぷりつけてしまうと、
毛穴に余分な油分がついてしまい、頭皮がべたつく原因となってしまいます。

トリートメントもコンディショナーも、髪や頭皮を洗うためではなく、
髪の表面や内部に対して効果を期待するために利用するものなので、
髪の根元にはつけずに、一番痛んでいる毛先を中心に、
髪に揉みこむようにつけるようにしましょう。

コンディショナーは髪の内部にまで浸透しませんが、
トリートメントは時間をおくと、どんどん髪の内部にまで浸透していくので、
つけたあと、少しそのまま置いておくと、より効果が期待できます。

このページの先頭へ