髪をダメージから守る、日ごろの取り組み。

この前、髪をブローしながら思ったのですが、
皮膚は怪我をするとすぐに、「痛い!」と感じますが、
髪は切れ毛や枝毛のようなダメージがあっても、
髪の内部までカラーリングしても、「痛い!」とはならないですよね。

もちろん、それは髪の毛には神経がないからで、
もし神経が通っていれば、美容院で髪をカットするのだって、
ものすごい痛みを伴ってしまうわけですものね。

だから、髪のダメージには気づきにくいし、
明らかにわかるダメージが起きてから、「健康的な髪に戻さなくては!」
と慌ててしまうことになるのですよね。

ということは、やはり、ダメージが起きないように、または起きにくいように、
日ごろからケアをしないといけないのかなと思うのです。
毎日のシャンプーやコンディショナーには、自分の髪質や頭皮の状態にあったものを
選ぶようにして、食材と同じで、なるべくいい素材のものを使うようにしたいですよね。
トリートメントやヘッドスパなども、定期的に利用するようにした方がいいかもしれません。

ほかにも、濡れたまま寝ると、キューティクルが開いた状態で傷つきやすいので、
しっかり乾かして寝るようにするとか、海に入ったときには、
なるべくマメに真水で洗い流すようにして、海からあがったらすぐに
洗って乾かす…など、日ごろから気を遣うようにするだけで、
だいぶダメージから守ることができるのではと思います。
気をつけていきたいですね!

このページの先頭へ