髪によい食べもの

髪をダメージから守り、美しい髪にするには、日々のシャンプーやコンディショナー、
トリートメント選びも大事ですが、体の中から髪によいものを取ることも大事です。
髪によい食べものとは、どんなものでしょうか。

髪の主成分はたんぱく質なので、たんぱく質を多く含む食べものを摂るとよいでしょう。
代表的なものとして肉や魚、タマゴ、大豆やいんげんなどの豆類、
牛乳製品などが挙げられます。
また、髪の発育にはヨウ素やビタミンなども欠かせませんので、
わかめや昆布などの海藻類や、ブロッコリーやホウレンソウ、
カボチャなどの緑黄色野菜、たんぱく質の再合成に欠かせない亜鉛が豊富な
牡蠣もよいといわれています。

また、最近、話題になっているのは、サーモンです。
たんぱく質が豊富に含まれていますし、ビタミンB群や鉄分を多く含む
オメガ3脂肪酸も豊富です。
是非、積極的に摂るようにしてください!

髪によい食べものを見て来ましたが、なにより一番大切なのは、
これらの食品をバランスよく食べることです。
毎日の生活を見直すことで、体が健康になれば、髪も健康になっていきます。
朝・昼・夜の三食をバランスよく食べて、脂肪分が多いものや、
交感神経を刺激するような辛い食べものを控え、
成長ホルモンがたくさん分泌される夜には、
たっぷり眠るように心がけましょう。

このページの先頭へ