髪も日に焼ける?!

先日、1週間ほどグアムに行っていたのですが、
髪も日に焼けるということを、初めて知りました!
冬の東京から、常夏の島に行ったので、降り注ぐ紫外線と高温多湿で、
きゅっと引き締まり、乾燥していた皮膚が、夏に対応しているのを感じました。
ですので、紫外線対策で皮膚には日焼け止めをたっぷり塗って、
毎日、海でマリンスポーツなどを楽しんでいました。

そして、東京に戻ってきてみると、なんと、髪の毛が赤茶けていたのです!
これは、皮膚の日焼けと同じ「光老化」という老化現象で、
紫外線によって髪の毛の内部のメラニンが分解され、
退色されることによっておきるのだそうです。
髪がパサついたり、切れ毛や枝毛になるだけでなく、
毛母細胞にもダメージがあると、抜け毛や白髪の原因になることもあるのだとか。

特に海に入ると、海水によって髪の水分はどんどん出てしまうので、
髪がどんどん乾燥して行ってしまうのだそうです。
こまめにビーチサイドやプールサイドの水道水でシャワーを浴びたり、
部屋に戻ったらすぐにシャワーを浴びて、海水を洗い流すようにした方がよいそうです。

日本でも日射量のピークは5、7~8月だそうですから、
紫外線による髪のダメージが気になる場合は、帽子をかぶったり、
日傘を差すなどして、紫外線から防ぐようにした方がよさそうですね。

このページの先頭へ